口蓋扁桃摘出手術 #2

お久しぶりです。

今回は術日について、書きたいと思います。

 

術日

午前6時

看護師さんの巡回で起きる。体温、血圧とも異常なし。かなりの寝不足。

 

午前7時40分

処置室にて点滴を刺される。人生初点滴だったため、かなりの違和感があった。

 

午前8時30分

主治医のお迎え。朝一番の手術で、術着とT字帯に着替えて病室を出る。手術室は本当にドラマで見るような感じでした。

麻酔科の先生に「深呼吸してくださいねー」と言われ、深呼吸した直後からの記憶がないんですよね。怖い怖い。

 

午前10時30分

「○○さーん。起きてくださーい」の掛け声で目覚める。目覚めた直後の僕の第一声が、「今何時ですか。」他に言うことあったろ。

少し喋りながら、ベッドに揺られ手術室をでて、病室に戻る。

 

午前11時

眼鏡をしていなかったのであまり見えなかったが、摘出した扁桃腺を見せてくれた。

梅干しぐらいの大きさだったと思う。

 

正午

麻酔が徐々に切れ、喉の奥に痰が絡み、非常に辛い。

看護師さんは、「舌に出てきた痰、唾をティッシュに出してください」と言っていたけど、実際嘔吐する感じで出てた。

 

午後2時

観たかった甲子園の予選会を見る。相変わらず、喉は痛く、まともに喋れないため、筆記で会話をした。

 

午後6時

定期診察で血圧、体温の測定。体温は微熱の37.6℃。この時間までになると痰が出なくなってきた。

 

午後9時

消灯時間。だが、喉の違和感と、点滴が刺さってる事の違和感で全然眠ることが出来ず、最終的に寝たのは、日付が変わった2時頃。